不動産_ホームページ

不動産会社にとってホームページは重要?反響が取れるサイトの特徴

今やネットは私たちの生活には欠かせないものとなり、何か情報を調べるには、まずインターネットを利用するという方も多いでしょう。そのため、企業にとってもお客さまとコミュニケーションがとれるため、ネット上での営業や集客は当たり前となっています。
これは不動産会社も例外ではなく、自社サイトを持っていないと会社の収益にも影響を及ぼす可能性があり、機会損失にも直面してしまいます。
当然、大手ポータルサイトを利用して物件も掲載されているでしょう。しかし、自社サイトを持っていないと会社の収益にも影響を及ぼす可能性があります。
ではなぜ、不動産会社がホームページを持つことが重要なのか、反響が取れる不動産会社のホームページの特徴についてお伝えします。

ホームページを持つことが重要な理由とは?

スマートフォンやタブレットなどが普及し、お部屋探しに限らず、調べたいことがある時にはいつでもどこからでもインターネットを使用して様々なことを検索します。
これまでは、賃貸や売買の物件を探すときには、まず不動産会社に行くという方法が一般的でした。しかしながら、現在では最初に物件ポータルサイトで理想の物件を見つけて不動産会社に連絡し来店するという流れが一般化し、インターネットを活用しお客さま自ら住みたい部屋を検索する時代になりました。
これは飲食店に予約を入れる時・新しいお店を検索する時に、価格帯やお店の地図、店内の様子まで下調べするのと同様に、不動産会社の店舗の詳細も検索されます。
事実、不動産会社のホームページでよく見られているページは、店舗の詳細だったり、スタッフ紹介などのお店に関する事だそうです。ですので、ユーザーは物件情報だけでなく会社の情報もチェックしいているのです。そのため、ユーザーにとってはインターネット上に公開されているホームページは重要な情報源となります。
インターネット上では相手の顔が見えないからこそ、まず最初にアクセスするポータルサイト、そして次にホームページからユーザーは情報を得ようとします。
そこにきちんと店舗の詳細情報やスタッフ紹介などが掲載されており、内容が充実していることがユーザーからの来店への行動を促すことにつながります。
事前に情報を仕入れたいユーザーからしてみると、不動産会社のそういった情報を得ることでお問い合わせ・来店に繋がります。

不動産会社は生活に密接する「住まい」に関わる仕事なので、お客様に与える印象がよく、安心感を与えられることは非常に重要です。
ポータルサイトでも、ある程度の不動産会社の店舗の詳細だったりスタッフ紹介など掲載できますが、掲載できる会社の情報には限りがあり、多くの他の不動産会社との差別化が難しくなります。
不動産会社はコンビニの数よりも多いと言われている現在では、不動産会社同士の競争も激化しています。
ポータルサイトに似たような物件を複数の不動産会社が掲載している場合、差別化が難しくなり、ポータルサイトからの反響は他の不動産会社同士の間に埋もれてしまいます。
ユーザーはポータルサイトを閲覧した後、さらに詳細の情報を求めて、また掲載会社の概要ページからリンクをだどってどんな会社が掲載しているかを確認するためにホームページにたどり着く方も多くいらっしゃいます。
そういったユーザーは、電話でしつこく勧誘されないかどうか、怪しくないか、該当物件のエリアの情報やその他の物件にも詳しいかどうかなどを探しにきます。
ポータルサイトの情報だけではなく、ホームページによるあと一押しの情報量で他の不動産会社との差別化をし、お問い合わせ・来店に繋がるのです。
そのような状況の中でホームページは、もはや必須と言えます。

不動産ホームページ

反響が取れるサイトの特徴

もともとホームページからの反響はポータルサイトに比べると来店率や成約率が高いと言われています。
ポータルサイトで物件を見てから詳細の情報を求めてホームページに訪れるユーザーが多くいるのと、不動産会社のホームページで直接物件を探すユーザーは既にエリアや条件が定まっている購買意欲の高い人が多いからです。
では、実際にどのようなホームページが反響の取れるサイトの特徴なのでしょうか?

最初の見た目が8割

一番大切なポイントは、最初の見た目です。最初の見た目で8割が決まります。
ホームページに訪れるお客さまは、ホームページの良し悪しを3秒で判断します。具体的には、「扱っているエリア」、「掲載物件数」、「新着情報」、など、お客さま自身が探しているエリアの物件が掲載されていて、探しやすそうだなと感じてもらえるようにデザインにします。
それと、お客さまから反響いただくための入り口を目立たせることで、電話番号、営業時間、物件問合せフォーム、会員登録などの入力フォームの部分は大切です。

代表あいさつ、スタッフ紹介ページ

最初の見た目で、お客さま見てみたいホームページと感じてもらえたら、次に信頼度を高めるために、代表あいさつやスタッフ紹介ページを掲載します。
本当はそんなことはないのですが、お客さま心理からするとだまされたくない、こわいという不動産業者に対するイメージがあります。
一生に一度の高い買い物になる場合はなおさら、代表のあいさつや考え方を確認してから買いたいとお客さまは思います。代表の素敵な笑顔の写真と、創業当初の思い、お客さまにどうなってほしいかというお客さまへのメッセージなどを記載することです。
それから、スタッフの人柄が伝わるようなプロフィールや休日の過ごし方なども、反響をとる上でも重要ではあり、成約率にもいい影響を与えます。
笑顔でウエルカムなホームページにすることで、親近感を持ってもらい反響率が高める事ができます。

頻繁に更新されている

ホームページを用意するだけでは、集客活動とはいまいちです。
ホームページがあまりにも更新されておらず放置されている様子だと、「本当に存在している会社なのか?」と会社の信用も下がってしまいます。
ニュース情報だったり、物件情報の更新だったり、スタッフによるブログを定期的にアップしたり、お客様の声を紹介したりすることで、安心して利用できる会社だとお客様にアピールすることが必要です。

同じ物件情報をポータルサイトに掲載していても、ホームページのデザインを工夫するかどうかで、反響率は大きく変わります。このようにホームページもただ持っているだけではなく色々な活用方法があります。
それぞれの不動産会社様に合った活用方法で運営していくことで、自社ホームページはより活きてきます。
ぜひ、自社ホームページを有効活用できるように運営方法の検討もしてみてください。

関連記事

  1. SNSとホームページ

    SNSでマーケティングとは

  2. ホームページ制作_税理士

    税理士のホームページ制作に大切なポイント

  3. ホームページ制作会社・デザイナーの選び方-ポイント5つ

    ホームページ制作会社・デザイナーの選び方 ポイント5つ

  4. ホームページ_おしゃれ_かっこいい

    ホームページで、おしゃれなデザインやかっこいいデザインの見た目だけにこ…

  5. ホームページのSLLとは?

    SLLとは

制作実績一覧

  1. ミュージシャン
  2. プリントデザイン
  3. ブランディングデザイン_バナー
  4. ブランディング_フィットネス
  5. パーソナルブランディング
  6. グラフィックデザイン_バナー

最近の記事

  1. 会報誌・広報誌
  2. チラシデザイン_コツ
  3. ホームページ制作_税理士
  4. 不動産チラシ
  5. 不動産_ホームページ
  6. ホームページのSLLとは?

    2021.07.18

    SLLとは
  7. SNSとホームページ
  8. デザイナー
  9. ホームページ制作会社・デザイナーの選び方-ポイント5つ
  10. デザインは問題解決の手段
最近の記事 おすすめ記事
  1. 会報誌・広報誌
  2. チラシデザイン_コツ
  3. ホームページ制作_税理士
  4. 不動産チラシ
  5. 不動産_ホームページ
  1. ホームページ_おしゃれ_かっこいい
  2. パンフレット冊子
  3. チラシ_印刷
  4. 名刺
PAGE TOP